投稿

SEGAハード改造記(4)

イメージ
SEGAハード改造記(4) 初めに 2021年11月の終わり頃、 こちらのブログ の こんな記事 に注目していました。 「メガアダプタ、自作出来ンの!?」 と言っても、基板を作ってどうこうするなんて事は素人には難しいです。 ところがAmazonで こんな物 を見つけ・・・ 更には こんな物 まで見つかるに至り・・・ 頑張れば、作れそうですね? SegaMasterSystem(海外版)は50ピン、Mark3/マスターシステムは44ピンと、互換性は有りません。 変換アダプタは有りますが、海外版から国内版ばかりです。 国内版から海外版というのは、日本国内では入手が厳しいです。 もし有れば組み合わせて完成。 非常にお手軽ですね。 やはりムリなのか・・・と思っていたら、 こんな記事 を見つけました。 海外版から日本版へのコンバーターを自作する内容の記事ですが、 その記事の元ネタとして紹介されているサイトに、配線図が掲載されています。 ・SMSからメガドラ変換基板 ・マーク3/マスターシステムのコネクタースロット ・マーク3⇔SMSの配線図 これが入手可能という事です。 「メガアダプタ、作れるンじゃね!?」 こうして偽メガアダプタ、略してニセアダプタの作成が企画されました。 材料の購入、加工 とりあえず買います。 一連の改造記の中で一番早く購入しました。 しかし当時の僕は細かい電子工作から四半世紀近く離れていたので 作成には自信が有りませんでした。 そして改造記(1)~(3)を経て有る程度の自信を持てるようになり、挑戦してみる事にします。 この記事を書いている現在では値段が違うようですが、当時の購入価格は ・Mark3用44ピンコネクタスロット \1,980 ・SMStoSMDアダプター \1,980 でした。 そして更にメガドラのカートリッジを適当に購入、送料を含めて\500でした。 まずはカートリッジの準備です。 必死にシール/ノリを剥がします。 指が痛くなるくらい必死に剥がしました。 市販の剥離剤等を使うと楽なんでしょうか? 次にSMS2SMDの、SMS側のコネクタスロットを外します。 ハンダを溶かしてピンを上げる、を繰り返せば簡単に外れます。 特に難しく有りません。 次はカートリッジのビス穴と干渉する部分を加工します。 適当に鉄工のビットで削りまし

SEGAハード改造記(3)

イメージ
SEGAハード改造記(3) 初めに 前回の記事ではメガアダプタにFM音源を搭載させましたが、 あれは通しでやっていた訳ではなく途中でフラフラと別の事をやってました。 A/Vコネクタが不調だったマスターシステムの改造です。 それと、メガアダプタ+FM音源完成後にやった、SG-1000IIのAV化。 そして、メガドライブ純正コントローラにプレイTVのコントローラのガワを移植。 このポストはその三つの改造について記述します。 少し記事が長いので、簡易ジャンプを作りました。 ・ マスターシステムの改造 ・ SG-1000IIのAV化改造 ・ メガドライブパッドのドレスアップ いつもの途中脱線 メガアダプタ+FM音源の作成中に、やたらと気になり始めたマスターシステム。 中古で仕入れた段階で既にA/Vコネクタが不調です。 なにせ、ずっとコネクタを上の方に持上げてないと映りません。 文庫本をコネクタの下に敷くという手法で解決出来ますが、 余り良い方法とは言えないでしょう。 コネクタが不調なだけで動作は特に問題は無さそうですので、 「分解して修理とか出来たら良いなー」と考え始めます。 繋ぎ途中のFM音源が載ったメガアダプタを脇に追いやり、徐にマスターシステムを開きます。 マスターシステムのS-VIDEO出力改造 基板に付いたままでは不具合解消はムリなので、DIN8-Uのメスを外します。 ひたすらハンダを吸い上げ、なんとかパターンを壊さずに外す事に成功しました。 以前なら途中で基板のパターンが剥がれてしまって泣いていたと思いますが、 電子工作に割と慣れてきたんでしょうかね? 次は外したDIN8-Uを分解します。 きっと錆か緑青、ピンが開き過ぎ等の接触不良が有るハズですので、 それを除去/清掃/曲げ直しすればミッション完了です。 多分コレかな?と思う所を清掃し、ピンも何となく締め気味に軽く曲げ直しました。 DIN8-Uを組み直してマスターシステムの基板に差し込んだ時に、 こんな楊子平さんのツイートをふと思い出しました。 とびだせ!S端子ケーブルの時に楊子平さん御本人に紹介して頂いた、過去のツイートです。 「むむむ?今は基板のRGBやC-SYNC、C-VIDEO、VCC、GNDが取り放題だ!」 DIN8-Uのハンダ上げ